正しいファーストピアスの開け方の失敗しないコツ

トピックス
スポンサーリンク

ピアッサーの選び方&使い方

耳につけているピアスがかわいいので開けてみたいと思っているけれども、まだ一度も開けたことがない人にとっては不安がつきまとうものです。ピアッシングの方法としては、ピアッサーを使って自分で行う方法と、クリニックなどに行ってあけてもらう方法があります。

ピアッサーの正しい使い方

多くの人が自宅でピアッサーを使ってあけていますが、これから開けるのであれば、事前にやり方や開け方のコツなどを把握しておきたいところです。
ピアッサーを使って穴をあけるときに準備するものとしては、ピアッサーと消毒液、ペンや鏡、保冷剤などがあげられます。

ペンは耳にマークをつけるものなので、マジックやアイライナーなどもよいでしょう。これらが耳に穴をあける際に必要な道具です。ピアッサーを使わずに安全ピンで開けている人もいるかもしれませんが、穴の形も安定せず、きれいに開けることができないのでおすすめすることはできません。

ピアスの開け方のコツ:手の消毒

ピアッサーを使ってピアスを開ける流れとしては、まず最初に手をしっかり洗って耳を消毒しましょう。その次に、アイライナーを使って開けたい位置に印をつけていきます。

ピアスの開け方のコツ:耳たぶと垂直

耳たぶと垂直になるようにピアッサーの位置を合わせたら、最後までしっかりと押し込めば完成ですピアッサーにはいくつかの種類があり、バネの力を使って瞬間的に穴を開けるものもあれば、自分で押し込まなければならないタイプもあります。

ピアッサーに装着されているファーストピアスも種類が豊富にそろっているため、自分の好みで選ぶと良いでしょう。
ピアッサーで穴をあける際に痛みが気になる人も多いかしれませんが、確かに体に穴があくことになるので、痛いのは当たり前のことです。

ピアスの開け方のコツ:穴をあける前に冷やす

注射の針よりも太いものを使うので痛みがあることは当然です。中には耳たぶを冷やせば痛みを感じないという話を聞いたことがある人も多いかもしれません。穴をあける前に、感覚がなくなるまで保冷剤などを使ってガチガチに冷やす方法です。

しかし冷やしても冷やさなくても、それほど痛みは変わりません。どちらかというと瞬間よりも、開けた後に痛みがじわじわと押し寄せてくるといえます。開けた後に冷やした方が効果的と言えるでしょう。

ピアスの開け方のコツ:耳たぶの消毒

前に皮膚を冷やしてしまった場合には、皮膚が硬くなり反対に開けにくくなるという説もあります。きれいに穴をあけるコツとしては、まず第一にしっかりと消毒することが挙げられます。

開ける前には必ず手をしっかり洗って、手と耳の両方を消毒する必要があります。消毒液にもさまざまな種類ものがありますが、スプレーを使うよりもジェルタイプの方がピンポイントで塗ることができるでしょう。コットンや綿棒などに消毒液をしみこませて塗りつけるのも良い方法です。

ピアスの開け方のコツ:ペンで位置を決める

ペンで位置決めをする場合には、どのようなペンでもよいですが、開けた後の落としやすさを考えるとアイライナーがよいかもしれません。鏡を見ながらマーキングをしたら、一度顔をひいて顔全体と穴の位置のバランスを確認してみましょう。
いよいよピアッサーを使ってあけることになりますが、開ける際にはぶれないように肘をしっかりと固定しましょう。テーブルなどに肘をつき、なるべく腕が動かないように固定します。開ける場合には耳たぶに対し垂直になるようにしなければなりませんが、垂直という意味がよくわからないといういるかもしれません。
垂直になっているかどうかわからないという場合には、周りの人に鏡を持ってもらったり、直接位置を確認してもらうとよいでしょう。そして開けるときには怖がらずに思い切ってあけることも大切です。ピアッサーが勝手に穴を開けてくれるので、瞬間的に位置がずれてしまったら後戻りはできません。

ピアスの開け方のコツ:ホールが安定するまで触らない

ずれた位置に穴が開いてしまうことになるでしょう。ここだと思ったら怖がらずにボタンを押しこみます。最後にホールが安定するまでは傷と同じ状態なので、絶対にいじらないように気をつけましょう。

ファーストピアスの穴開けは痛い?

最初にこのピアスの穴を作るには、それなりに勇気が必要となりますので、自分でピアッシングをするのは少しハードルがあって、なかなか実行出来ません。

ファーストピアスが大事!選ぶポイントは?

ファーストピアスの選び方は大切であり、通常の物とは違って、型が出来るまで1ヶ月程度装着しておく必要がありますので、樹脂製の物をファーストピアスにしますと炎症が起こる原因になります。樹脂製の物は、金属アレルギーにならなかったり、価格が安かったり、目立たなかったりというメリットがありますが、ファーストピアスの用途には向いていない事に注意しなければいけません。

ホールの中に樹脂製の物が癒着して埋没してしまいますと、クリニックで治療を受けなくてはいけなくなりますので、十分に注意をする必要があるでしょう。

痛みが気になる場合はクリニックで開けたほうがいい

ピアッシング痛みや炎症が生じるのが心配であるなら導入コストはかかりますが、クリニックでピアッシングをしてもらった方が何かあった時に直ぐに治療もしてもらえますので、利用者にとっては安心して穴を作る事が出来ます。

クリニックでのピアッシングの平均費用は7,800円となっており、複数個施術を行うのであれば、それだけ費用がかかってしまうでしょう。安全に装着する事が出来る環境を整えるには良い選択肢です。

ファーストピアスはクリニックで開けたほう良い

クリニックでのピアッシングは、穴を開ける際に痛みが生じる事に怖さを持っているけれども、ピアスを装着してみたいといったユーザーに適しています。

クリニックは、美容関連の手術の実績が豊富である所を選びますと、適切な処置をしながら手術をしてくれますので、ほとんど痛みを感じずにピアスの穴を開けられます。また、個人で行うよりも雑菌などが入るリスクを大幅に減らせますので、炎症が起こるといった事態を避ける事も可能でしょう。

ピアスを装着するには、耳たぶや耳の軟骨などに穴を開ける必要がありますので、炎症を起こさないようにするには清潔な環境で作業を行わなければいけません。ユーザー自身が穴を開ける方法は昔から浸透していますが、ファーストピアスに使う素材を間違ったり、清潔ではない環境下で穴あけ作業をしたりしますと、穴の部分に雑菌が入って炎症の原因になります。

痛みを伴う事もありますので、予算があるのであれば、クリニックに通った方が安全に穴を開ける事が出来るでしょう。ピアスは現代社会において、男女を問わずにファッションの一部として定番になっていますので、穴あけはそれほど特殊な作業ではありませんが丁寧に行う事が大切です。浸透しているファッションであっても、体の安全を考えて行っていかなければいけません。

タイトルとURLをコピーしました