医師免許が必要なの?必要な資格は?メディカルアートメイクについて

トピックス

アートメイクという言葉になじみを持っている人はそう多くないかもしれませんが、現代では次第に浸透しつつあります。

最近ではテレビでも女優や芸人などの芸能人が施術を受けていると話題になることも増えてきました。

スポンサーリンク

アートメイクは医療行為。アートメイクの施術には資格が必要

眉毛やアイライン、リップなどに施すメディカルアートメイクが人気を集めています。アートメイクは医療行為なので、クリニックで受けるのが重要です。医療従事者でない人の施術を受けて失敗したことがある、という人も多いので注意しましょう。

料金はそれなりにしますが、安いプランもあるので予算に合わせて選ぶことができます。基本的には2回のセットになっていてデザインなども相談に乗ってもらうことが可能です。眉毛がとても薄い人は実際に生えているように見えるようなデザインと色にしてもらうこともできるようです。

医療従事者と言っても、ドクターがやったり看護師の方がやるというのが選べてそこでも料金が異なります。結構高いと感じるかもしれませんが、これで落ちないお化粧が手に入ると思うとかなり安いです。プールや海に入っても全く落ちないですし、朝のお化粧もとても楽です。更に、ちょっとそこまでのお出かけの時にもいちいちお化粧をしなく済むのはこの料金で叶うとしたら、多くの人は満足するのではないでしょうか。

医療アートメイクの特徴。持続期間は3~5年ぐらい

アートメイクとは染料を付けた針を専用の器具で皮膚に刺し、眉やアイラインなどを描く施術のことであり、例えば毎日のメイクが面倒だと感じている人や、日常的にスポーツをして汗をかくことが多い人にとっては便利な方法だといえます。

皮膚に針で染料を入れるというと、刺青と何が違うのか疑問に感じる人も多いかもしれませんが、刺青の場合は一度施術を受けると一生消えないのに対して、アートメイクは決して一生ものではなく、個人差はあれど一般的には3~5年で消えてしまいます。

刺青とは違い、アートメイクは年月が経過で徐々に薄くなっていきます。これは染料を入れる皮膚の深さに違いがあるからです。

皮膚の構造は表皮と真皮の2枚からなっており、表皮は角質を含んだ表面の薄い皮のことを指し、より下層部にある深い部分のことを真皮と呼んでいます。アートメイクは表皮から0.02もしくは0.03ミリの位置に着色していくのですが、表皮は新陳代謝を繰り返しており、古い角質がどんどんはがれ落ちていくことによって次第に色が薄くなっていきます。

それに対して刺青の場合は、表皮よりも深い真皮に色を入れていくため、年月の経過が影響することがなく、色が一生落ちることがありません。このようにアートメイクは皮膚の薄い部分に施術を行っていくため、1回の施術では色が定着しにくいという特徴を持っています。そのため、一定期間を設けた上で2~3回の施術を繰り返し、しっかりと色を定着させることが一般的です。

また、刺青は麻酔をせずに施術を行っていることがおおいのですが、アートメイクの場合は塗るタイプの麻酔をするという点も違います。

眉やアイラインに施術を行って色を入れると洗顔をしても消えることがないため、毎日のメイクの時間を短縮させることができると話題を集めています。

アートメイクのクリニックを選ぶポイント

メディカルアートメイクをやってくれるクリニックが増えましたがこういう時こそ、評判の良いところに行くのをお勧めします。医療行為なので、医療従事者がやってくれるのは間違いありませんが美容的な要素も含んでいるため、デザインや色なども重要です。

せっかくなら、気に入った状態になりたいですしそのためには自分に合ったところを選ぶ必要があります。その一つの目安として、評判やランキングを参考にするのをお勧めします。そして、実際に無料カウンセリングを受けてみると真摯に患者に向き合っているかがわかるのでこれも選び方としては最適です。

すぐに契約に移ろうとするよりは、悩みや不安をくみ取ってカウンセリングに時間を取ってくれたり、デザインの相談に乗ってくれるクリニックなら安心して任せることができます。

アートメイクは、失敗するとかなり後悔してしまいますので自分の好みに合った色や形にしてくれるところを選ぶのをお勧めします。そのためには、ウェブサイトの情報だけでなく口コミやランキングを参考にするのも良いでしょう。

アートメイクのモニター制度を利用してお得に受ける

安く施術を受けたい人向けには裏技があって、それがモニターとして施術をしてもらうことです。モニターと言っても、全く普通の施術と内容は変わりません。モニター制度を採用しているクリニックがあるならそれを利用することで安く施術が受けられます。顔を出したくないという方もいるかもしれませんが、プライバシーに配慮されているので心配ありません。

色々なクリニックがありますので、料金やシステムなどを比較して選んだり実際に相談に行くのもその医療機関の方針などがわかります。カウンセリングで患者に真摯に向き合っているクリニックなら安心です。

施術に痛みも伴いませんでしたし、トラブルなども一切ありません。とにかく朝のお化粧が楽になって、プールや海などに行くときにも全く気にならなくなったのが信じられない位です。医療行為なので安心して受けられますし、麻酔などもあるので痛みも気にならないです。グラデーションが自然で、色も自分の眉毛みたいにやってもらえるので眉毛が薄い人におすすめします。

アートメイクのおすすめクリニックランキング
GLOWクリニック

症例数8,000件超えの豊富な実績×自然に見える理想の眉を提供
「一生付き合っていけるアートメイク」がコンセプト。独自技術の『3G BrowsTM』を採用し、痛みや負担が少ないデジタルマシンによる施術を取り入れているため、手彫りだけの施術よりも肌への負担が少なく、肌が弱い方、定着が良くない方、カラーを修正したい方におすすめです。
1本1本自然&立体的な仕上がりを目指すことができ、ナチュラル感があり、部分的なグラデーションなど立体的なデザインも可能です。

<施術>
手彫り・マシン彫りを融合
麻酔クリーム塗布あり

クレアージュ東京

施術実績10,000件以上!1、2回の施術で完了するクリニックが多い中、当院は3回の施術を基本としています。
「今」だけでなく、加齢や流行の変化にも違和感がないよう「この先」も考えたデザインのご提案をしています。
豊富な施術経験によって骨格や表情に合わせてデザインを再現します。
年数が経過し、入れた色が薄くなってきた際も良心的な金額設定にすることでリタッチのハードルを下げ、いつまでも素敵なアートメイクをキープしていただきたいと考えています。

湘南美容クリニック

CMでおなじみの全国にある大手美容クリニック。多数の実績があります。眉毛とヘアラインに特化したアートメイクで、2D(パウダーアイブロウ)、3D(毛並み)、4D(毛並み+パウダー)と自分に合った施術を選択することができます。特に、自然すぎる3D、4Dストロークは大人気。アートメイク先進国の韓国の「ロダムアートメイクアカデミー」の教育プログラムを終了した、確かな技術を持つ施術者が担当してくれます。

<施術>
手彫り・マシン彫り
麻酔クリームあり
<備考>
ノーメイクでも、気にせずに外出ができるようになる、4Dストローク眉は専門に開発された手彫りペンで眉を1本1本手で「描く」ことにより、まるで本物のように見せる技術。
アートヘアと植毛のコンビネーション治療もある。

ジェネラルクリニック

ジェネラルクリニックは六本木駅から徒歩1分の好立地です。アートメイクは眉やリップ、アイラインのアートメイクが行われています。
眉は手彫り毛並み、メイクしたような仕上がりになるパウダーブロー、手彫り毛並み+マシーンでのグラデーションの3つのメニューがあり、丁寧なカウンセリングで骨格、肌や髪の色に合わせたデザインのご提案っで、施術前に納得のいくカタチをとっているので安心です。

トピックス医療アートメイク眉毛アートメイク
スポンサーリンク
アートメイク大全
タイトルとURLをコピーしました